ほのぼのきなこ新聞

フレンチブルきなこサンの、日常のくらし。
特別なことは何もないけど、「ふつう」がしあわせな毎日。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 思い出迷子
年末という季節は、なぜか昔を振り返ってしまう気がする。
懐かしい気持ちに心地よさを感じるお年頃(?)に
なっただけかもしれない。

元同僚のY田さんは、それらの気持ちを「思い出迷子」と言っていた。
ほぅー!うまいこというなぁ!と感心した私だったが、
さっき、ふと気になってネットで調べてみると、
昔の歌で「想い出迷子」という曲があるらしい。
改めて、Y田さんの奥深さを知る私・・・。
(全然関係ないかもしれないけど)

という訳で!チビッコ時代を振り返ろうと思う。

お散歩嫌いなきなこサン。
引っ張り癖防止のハーネスのモニターを頼まれたけど、
そもそも歩かないから意味無し。(お役に立てず返却)
いやなの・・・の不満顔。

一時期ハウス代わりに使っていたバリケン。
噛んで壊してネジとキャップを2、3個食べてしまい誤飲事件に。
吐かしたら出てきたけど、もう少しでお腹を開けるところだった。
小さい頃からガジガジ大好き。ブレない女。
しかしドーンとした面構えだな。

寝ている私のお腹の下から顔を突っ込んできて、
ありえない可愛さでスヤスヤ眠る天使風。
なぜか夫にはしなかった。腹肉のフィット感の問題か?
アザラシ!?

今はお馴染みの場所になった公園に、電車で初めて来た時。
この頃はスペシャルなお出かけスポットだった。

服も2着、しかも薄手のものしか持っていなかったから、
真冬でもタンクトップ。今はすっかり衣装持ち。

あとすこ〜し迷子は続きます・・・。
これぞ師走マジック!?




 
| - | - | 15:38 | category: こどもの頃のこと |
# 今になってわかること
うちのきなこサン、実は散歩があまり好きな方ではない。
ノリノリな時にいい表情をするから、
写真だけ見ればそんな感じもしないのだけれど。

そのかわり、ノッてきたらひたすら歩く。
今日も気の向くままに、たくさん歩いた。
オニイちゃんもオネエちゃんも、くたくたー。

懐かしの、ちびっこきなこサン。
「あるくのいやョー。」

思えば小さな頃、なかなか歩こうとしないきなこサンを
無理矢理急かして歩かせたのがいけなかったような・・・。

だってその頃は、頭でっかち&育児ノイローゼ気味だったから
必死でネットや本やらで調べたら、
「立ち止まるのはワガママから。無理にでも歩かせましょう。」
って書いてあったから。

あれ、たぶん間違ってたな。
もっと楽しみながら歩く事を、ゆっくり教えてあげれば良かった。
「そうですよぉー!ぷんぷん!」
ホントにごめんよー。
はじめての河川敷。
大きな耳が、うさぎみたい。
ボールに釘付け。
これは今と変わらないな。

こいぬを家に迎えて、なかなか思い通りにならなくて
悩んでいる人が居たら、そっと伝えたい。

しつけとか、育て方の本とかたくさんあるけど、
そのコの性格と、飼い主さんのライフスタイルに合った
お互いにストレスの少ない方法を、
ゆっくりゆっくり探せば良かったんだ、と
今になって思う。

これからずっと、家族なんだから。
時間はたっぷりある。







| - | - | 21:29 | category: こどもの頃のこと |
# うちのこ5周年!
今日はきなこサン、我が家にやって来て5周年。

最初は、私にとって初めてのワンコさんだったこともあり、
大事に思っているのに、どう接していいかわからず、
思い通りにいかないことだらけで、悩んだり泣いたり怒ったりの日々だった。
今思えば、好きになってもらえるはずないな。

でも、いつからか信頼関係ができて、
毎日どんどん可愛くてしかたなくなった。
人もワンコもみんなの事が大好きで、性格のイイコに育ってくれた。
ありがとう、ありがとう。

我が家に来て次の日の朝。
簡易的に置いたダンボールのハウスをガジガジし、トイレとの隙間でネムネム。
ちっこいなー。


大きな耳!この頃はまだ目つきが鋭い。
突然、親兄弟と離れて知らない所に連れてこられたんだもんね。


少しずつ、甘えることを覚えていった。
小さくて温かくて、膝に乗ってきた時はうれしかったなー。
ちなみに首輪はネコさん用。


怒られて、すねているきなこサン。
本当にイタズラばかりしていた頃。


お座りはすぐに覚えたね。
確か、ほんの数回で出来て「天才だ!」って喜んだ記憶が。


うりゃうりゃされるのは、昔から大好きだけど
何故か真上を向くのは嫌がる。今でもちょっと斜め。


少し大きくなったかな?


家に来て一ヶ月目。たぶんイタズラっこして反省中。


初めてのシャンプーで疲れて眠る、きなこサン。
どうも昔から挟まるのが落ち着くみたい。
(毎晩私の脚の間でご就寝。脚が動かせなくて、常にだるい)

小さいきなこサンもかわいいけど、こうして画像を集めてみると
今の方が味があっていいなー。

あっという間の5年間だったけど、これからも末永くよろしくね。
きなちゃんのおかげで、楽しい毎日です。









| - | - | 09:35 | category: こどもの頃のこと |
# おめでとう!
きなちゃん、5歳のお誕生日おめでとうー!!
ボニーちゃんと小夏ちゃんも、おめでとうー!!
みんな、あんなに小さかったのにね。

今は、お母さんだったりするものね。

あの頃は、いたずらばかりで手のかかるコだったけど、
毎日毎日、今日が一番カワイイって思うよ。

うちのコになってくれて、ありがとうね。
(ブリーダーさんから送られてきた写真)

今日の様子は、また後日!!






| - | - | 11:02 | category: こどもの頃のこと |
# 赤ちゃん
会社の同僚のパグさんが、赤ちゃんを産んだ。
そのうちの1チビちゃんは、来月末に他の同僚の家にお嫁に行くので
今のうちにぜひ!とお邪魔させてもらった。

かわいすぎるー!!!

さんざんはしゃいで暴れていたかと思えば、電池が切れたみたいにオネムモード。
すべてがかわいい。かわいいとしか、言いようがない。
同じ鼻ぺちゃ好きとしては、もう夢の時間だった。
大きくなってお出かけできるようになったら、きなこサンとも遊んでね。

きなこサンの小さな頃を思い出す。

きなこサンは3ヶ月近くたって我が家に来たから、既にそこそこ大きくなっていた。
本当に小さな頃は、ブリーダーさんから送られてきた画像と
生まれたての時、その後面会に行った時しか知らない。

お庭で他のコたちと遊ぶ、小さなきなこサン。
その笑顔は、今とまったく同じ。

「ねぇねぇ、あそぼうよー♪」

きなこサンの社交的でワンコさん大好きな性格は
このブリーダーさんの所に居た頃に、身に付いたような気がする。
いい環境でのびのび育ててくれて、本当にありがたい。

以前、ここでも話した通り
きなこサンが我が家にきた頃は、頭でっかちでいっぱいいっぱいで
子育てを楽しむ余裕なんてなかったなー。

3人の人間の子供さんを立派に育て上げた、同僚のワンコ飼いの大先輩でさえ
ワンコを迎えた時に、育児ノイローゼ気味になったと言ってなぐさめてくれた。
その人にアドバイスされた事は、たったひとつ。
「余裕なくて、小さな頃の写真が少ないのが心残り。いっぱい撮ってあげてね。」

もし今、こいぬを迎えられて子育てに疲れている方がいたら、
そっと同じ事を伝えたいと思う。

きなこサンが性格のいいコに育ってくれて、本当に良かった。
がむしゃらに進んできたつもりだったのに、
気付けば、私がきなこサンに育てられていた。

ありがとう。
お布団の上で丸くなる、小さな背中に思う。







| - | - | 02:38 | category: こどもの頃のこと |
# ボニーちゃん
今日はもうひとりの姉妹、ボニーちゃんのお話。

実際に会ったのは、ブリーダーさんのところで
まだ、ちいさなボニーちゃんだった頃。

ブリーダーさんから定期的に送られてくる画像の中で
いつもニコニコ笑って、愛嬌があって少しやんちゃそうで
「おもしろそうなコだなー。」と微笑ましく思っていた。

その頃はまだ、それぞれの家にもらわれていった後も
連絡がとれる方法があるなんて知らなかったから、
離ればなれになってしまう、その小さな女のコの幸せを
心から願っていた。


こちらが大きくなったボニーちゃん。(勝手に載せてスイマセン!)
ボニーちゃんは特に、きなこサンとそっくりだ。
背中の色味も、ベロの出具合も。
(現に今、上の写真を見た夫がきなこサンと間違えていた。)


お兄ちゃんのジャス君と。
やさしいお兄ちゃんがいて、いいなー。


そして、ボニーちゃんは運動神経バツグンのアスリート体系。
かけっこしたら、さすがのきなこサンも負けそうだ。

あの小さかった、とびきり笑顔の女のコが、
やさしい家族のもとに行き、大切に育てられ
しあわせに暮らしていることが、何よりもうれしい。

少し遠いけど、いつか本当に会えたらいいね。
その時も、あの笑顔で迎えてね。


| - | - | 00:06 | category: こどもの頃のこと |
# あの頃はゴメンナサイ。
自分のワンコを
「小さい頃は本当にかわいかった!」という人と
「大人になった今の方が味があってカワイイ!」という人がいる。

我が家は圧倒的に後者。
いや、どっちもかわいいんですけどね。

小さいときは「かわいい」ことが基本設定みたいなもので
そこに歳を重ねて、色んなオプションがついてくる。
一緒に過ごした時間や、泣いたり笑ったりした思い出だったり。

私はきなこサンが初めてのワンコ。
今だから笑えるけれど、
噂に聞いていた育児ノイローゼになって、激ヤセした。(なつかしーなー!)
ちっこいー!(小型犬・猫用の首輪をしていた)

共働きで子犬を迎えるということで
社長のありがたい理解があり、少し落ち着くまで同伴出勤していた。
「人の迷惑になるコに育ててはイカン!」という思いが先走って
私たちとの信頼関係がまだできていない頃だったのに
必要以上に厳しくしてしまった気がする。

仕事場のデスクの横でねんね。なぜか狭いところがおスキ。

どのタイミングで私の心が解放されたんだろう?と考えると・・・
頻繁にヒザの上にのってくるようになった頃、
股の間で(失礼!)ぐっすり眠る無防備な寝顔をみたときかもしれない。
うれしくて、やっと家族になった気がした。
当たり前だけど、あぁーこのコを守るのは私たちだけで
きなこのお母さんから預かった大事なこのコを、
しあわせにしてやらないとなーと思った。
知識ばかり詰め込んで、頭でっかちな飼い主でした。

きなこサン、あの頃はコワイお姉ちゃんでゴメンね。
もう一度、あの頃に戻れるなら
いっぱいおはなし聞いて、いっぱい甘やかしてあげるのになー。

| - | - | 20:19 | category: こどもの頃のこと |
# お兄ちゃん元気ですか?
 少し時間をさかのぼって、きなこサンが生まれた時のこと。

2007年6月5日京都うまれ。
4匹でうまれて、1男の子3女の子。
お母さん、あなたの娘さんたちは元気にくらしてますよー。

(たぶん)左から真っ白なこが小夏ちゃん。2番目がお兄ちゃん。
耳のふち色が濃い3番目のこがきなこ。4番目のこがボニーちゃん。

1歳の誕生日が過ぎた頃、フレンチブルドッグひろばで親戚さんを探せることに気付く。
そして、一緒にうまれた姉妹ちゃんを発見したわけです。
小夏ちゃんは同じ近畿に住んでいるので、面識アリ。今は立派なお母さん。

小夏ちゃんのこども達のパパは、ブリンドルさんです。みんな似てる?

もうひとりの姉妹、ボニーちゃんは関東在住なので会ったことはないけど、
きなこと色味もよく似てます。強気だけどやさしいお嬢サン。

お兄ちゃん(右)ときなこ(左)

唯一どうしてるかわからないお兄ちゃん、元気にしてたらいいなー。



| - | - | 10:18 | category: こどもの頃のこと |
Recommend
Death By Misadventure
Death By Misadventure (JUGEMレビュー »)
Chymera
きなこサンのお気に入りアーティスト、ドイツ在住chymeraさんの最新アルバム。かけていると、スピーカーの前に来て耳を傾けて聴き入る。ご本人からも「kinako is graet!」とメッセージをいただいた。気さくでステキな我が家のスター☆
Recommend
潜水服は蝶の夢を見る 通常版 [DVD]
潜水服は蝶の夢を見る 通常版 [DVD] (JUGEMレビュー »)

「久しぶりにいい映画に出逢った」と思えた作品。実在した人物(「ELLE」誌の編集長)であることが更に興味深い。人間の想像力と記憶がどんなに尊いものか、考えさせられた。美しい映像も素晴らしい。
Recommend
何度も読みたい広告コピー
何度も読みたい広告コピー (JUGEMレビュー »)

電車で読んで、新シリーズをテレビで見て、思わず笑ってしまう。電車で読んで、当時の記憶がよみがえって、覚えているコピーの完成度に感心してしまう。正直「?」な作品もあるけれど、そんなコピーがたくさん載っています。
Recommend
ワンワンワン―捨て犬たちの小さなおはなし
ワンワンワン―捨て犬たちの小さなおはなし (JUGEMレビュー »)
さかざき ちはる
「ハッピーエンドにせずにはいられなくなった」という内容の作者によるあとがきが。実際に殺処分を前に新しい飼い主にもらわれるケースはごくわずか。それをわかっていながらも、せめてこの3匹には幸せになってほしいと願う作者のやさしい気持ちがあふれた本。
Recommend
すいか DVD-BOX (4枚組)
すいか DVD-BOX (4枚組) (JUGEMレビュー »)

夏になる度に見てしまう静かな名作。このドラマの出演者が集まると、名作映画が生まれるのも納得。
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links